【かがみの孤城/辻村深月】#読了かがみの城に行ってみんなと会うあたりからページをめくる手が止まりませんでした。春休みで平日休みの日に読んでいたので、本を開くときは自分もメンバーの1人となり、かがみの城に行ってみんなと話しているかのようで。とても楽しい時間でした🌱 #久月の読書記録 pic.twitter.com/ssD4AuUjtD— 久月 (@6_corbeau_no...

 
 

大家さんと僕、東北新幹線で読了。殺伐とした心が洗われる。題材よりも著者の人柄なんだろうなあ。— 3800 (@_f8b500) 2018年4月4日カラテカ矢部太郎さんの「大家さんと僕」読了。◯◯なハナシだと思ったけど××なんだ?、みたいなことはネタバレになるから伏せるけど、しみじみいい本だった。新潮社さんグッジョブ。— iHope (@HolidayFlyer) 2018年...

 
 

⇒Aユーモアと終末を見据えた静かで力強い明るさにも彩られているなんて。しかし作中で多用されている東北弁のリズム感が肝要な気がして脳内で一文、一文、音読しながら読み進めざるを得ないのだけれど、その東北弁を関西出身者の私は本当は正しく脳内再生できてないはずなので、そこは悔しい。〔了〕— ならの (@youyeshangmei) 2018年4月16日「おらおらでひとりいぐも」読了。個を超えて...

 
 

📖読了📕✨『羊と鋼の森』宮下奈都ピアノ調律に魅せられ、調律師になった青年は、様々な人と向き合っていく中でピアノの森には人それぞれの入口、道、そして音があることを知る。出口のない森を掻き分け、自らの足どりで歩み続ける。一つのことに情熱を注ぐことに憧れるような1冊でした。 pic.twitter.com/Z8UQ01iFUF— 藜@読書垢 (@...

 
 

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」読了しました。『予測』出来てしまうことが幸せなのか不幸なのか?完璧を求める先になにがあったのか?なんとも切ない思いでした。まもなく映画🎬も公開されるので、映画も気になります! pic.twitter.com/AiKPo9ZonK— キイロイトリ (@koudori7) 2018年4月14日東野圭吾さん「ラプラスの魔女」読了。東野さんの作品...

 
 

鈴木るりか『さよなら、田中さん』読了。14歳のデビュー作。いやあ良かったです。ちょっと涙でました。最後の話が利いていますねえ。編集の妙って感じ。ネタバレしないように言うけど、表題作は凝った作りになっていて、それがホントにいい。文字通りさよならってことなんだ。物語に別れを告げる物語。 pic.twitter.com/lcS3YSlhtR— つかっちゃん@読書 (@book_tsukats...

 
 

#読了 #九十歳。何がめでたい遅くなりましたが、読了!佐藤愛子さんのこと好きになります!初めてですけど、考え方が面白くって、こんなお婆ちゃんいたら楽しいなって。どこかで絶対笑います!愛子さんと同年代の方は、かなり盛り上がれるんじゃないかな?20代の私が面白かったんですから! pic.twitter.com/3ExrciLScE— To-roro@書店員 (@Too0_roror02) ...

 
 

コンビニ人間今更読んだけどおもしろー!コンビニ人間側からみると普通の人の方が非常識みたいにみえるし、普通の人になる為に普通じゃない行動をして皆と同じ普通になろうとうするのも普通の人の思考じゃなくて面白い普通のゲシュタルト崩壊— ないぞう (@orutyan_murauth) 2018年4月19日コンビニ人間も地球星人もそうなんだけど、最近の村田沙耶香は飛躍した論理が小説の語りに染み込み...

 
 

「博士の愛した数式」すごくすごく好きだけど読了後 愛の過剰摂取で現実苦しくなる— uo (@mo_pico1) 2018年4月11日博士の愛した数式/小川洋子 #読了 はじめの設定から引き込まれた。切なく儚く素敵な存在の博士。何かに夢中になり、それを愛してしまう程に入り込む。そんな人って、本当に魅力的ですよね(^^) pic.twitter.com/hBUUe6rZM1— ...

 
 

東野圭吾著『ナミヤ雑貨店の奇跡』読了。過去と未来を繋ぐ雑貨屋の一夜限りの奇跡の物語。自分は連作が好きでこの本も章ごとに主人公たちが切り替わり、それでいてどこかで繋がっていて、読み進めていると「ああ、あの時の!」なんて伏線回収があって楽しかった。一章に一人人が死ぬのは少し萎えた。— シーペン(●─●) (@Con_penguin) 2018年4月21日ナミヤ雑貨店の奇跡、読了。話に偶然の...

 
 

ダン・ブラウンのラングドンシリーズ、最新作「オリジン上、下」を読了。キャッチフレーズの、「ダビンチコード」をしのぐはあながち嘘ではない。人はどこからきて、どこへ行くのか。も、AIコンピュウターも近未来のストーリーとして面白い。一読の価値あり。— basara−t2 (@t2_tadashi) 2018年4月22日ダンブラウン、オリジン読了。めちゃめちゃ面白い。— クー (@...

 
 

渡辺京二「逝きし世の面影」を読んだ。ここに描かれる江戸末期の人々の暮らしは、実質的に厳しくない身分制度のもとでユーモア溢れる文化的生活で下層の人々も誇り高く幸せそうだ。この箱庭的幸せが西洋文明の流入によって壊れることを惜しむ西洋人の視点の高さにも驚く— たこ (@osataco) 2018年4月15日他の人は知らんけど、僕は生生活するために仕事してるのであって、必要以上に働いて余剰金作...

 
 

佐藤多佳子『しゃべれどもしゃべれども』読了。二つ目落語家の主人公には、吃音で悩むテニスコーチがいる。さらに関西弁が消えずにいじめられている小学生や会話の苦手な若い女性などが、この落語家の元で落語を習い始めるところから話は展開。非常に面白い。「本の雑誌が選ぶ年間ベストテン」第一位。— Mike Yasumura: 安村通晃 (@michiak) 2017年9月23日#読了「しゃべれどもし...

 
 

タイムトラベルSFの古典「夏への扉」(1956)読了。根っからの技術者である主人公の個性、近未来社会の描写、勇敢な猫、いろいろ良かった。— ぺーじ (@page_1212) 2018年4月22日『夏への扉』ハインライン著11.18読了前々から読もうと思っていました。最近は後味の悪い作品ばかりを読んでいたので、爽やかな読後感が心地よかったです。SF初心者でも読みやすい内容になっているので...

 
 

『昨夜のカレー、明日のパン』木皿泉作登場人物の誰しもがどうしようもない部分を持っていて、いい意味で人間らしい人の亡くなった悲しみをゆっくり優しく埋めていくようにゆるりとした時間が流れています#今日の一冊 #読了#読書好きと繋がりたい pic.twitter.com/XjwHvN1gNd— 詩織の栞 (@365bookwiths) 2018年1月31日昨夜のカレー明日のパン文庫版読了。や...

 
 

内館牧子「終わった人」読了。パートナーが面白いと言ってたので読んだ。ところが、現役引退後転落の一方としか見えない展開。男女で受け止め方が違うってことか。学歴の拘り/愚痴る/嫁に遠慮等々、主人公が役員候補で終わった理由が見えた気も。映画で主人公は舘ひろしとか、これも何か違うなぁと。 pic.twitter.com/EizIPYlyw6— nayuta_man (@nayuta_man) ...

 
 

東野圭吾、人魚の眠る家、読了生きてるって結局なんだろうかっていうのをひたすら考えさせられた。生きてる根拠は心臓にあるのか脳にあるのか、それとも誰かの心次第なのか、とか。難しいし答えもないしこの話読むの苦しかったけど、読む価値はすごくあった本でした。— おにぎり@読書兼写真用垢 (@onigiri_read) 2016年10月19日*人魚の眠る家/東野圭吾臓器移植がテーマで、脳死と心臓死...

 
 

[表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬]読了あオードリー若林さんのキューバ旅行記。自分の感情への答え探しをする若林さんの思考回路や表現方法がとても面白い。#オードリー若林#キューバ#カバーニャ要塞の野良犬#リトルトゥース pic.twitter.com/T1BkxocQg6— Atsushi Ishibashi (@Atsushi1484) 2017年8月13日「表参道のセレブ犬と...

 
 

恥ずかしながら…「星の王子さま」読んだことなかった私💦1場面のイラストとかをチラリと見聞きしたことはあったけど、ストーリーは知らなかったのです😓昨夜、読了📕…泣きました「考え方、視点」によって、見えなかったものが見えてくる…この本は何回も読み込んでみたいと思う— [玲]??(⌒▽⌒)?ONEW (@futomomONEW) 2018年5月...

 
 

孤狼の血読了、おもろ!おもろすぎて一気に読み切ってしまった。キャラの描写や話しの展開が映画よりも細かいのでどんどんハマってしまった。ぶっちゃけ映画よりもドラマチックで原作の方が話しの展開としては好きだ。エピローグの部分の日岡もかっこよすぎる。続編にあたる狂犬の眼も読みたくなった pic.twitter.com/f6PzlBGC0t— 乙ロック・ホームズ (@karino_otuzou)...

 
 

異邦人/カミュ#読了主人公は端的に言えば異常である。しかし、常人には理解されない生き方でも、一部を切り取れば共感できる部分がある。つまり、僕にもこの主人公のような人生を辿るポテンシャルはあるはずだただ培われてきた理性や常識がそうさせないだけ今の僕を作り上げた環境に感謝だなー pic.twitter.com/r0lz1fKymg— 究 (@hasegawaq21) 2018年5月16日『...

 
 

本日は、お日柄もよく 読了!✨言葉には本当に魂が宿っているのだろう。言葉を自由自在に操れるようになるには時間がかかると思うけどきちんと自分の言葉で考えて話せる人でありたいと思った。#読書 #読書好きと繋がりたい #原田マハ #本日はお日柄もよく pic.twitter.com/Se0XXVTzwG— ☪?.°鈴 音☆。+ (@peachtea0021) 20...

 
 

ジョージ・オーウェル「一九八四年」読了。これが1948年に書かれた作品だということに驚愕。読者に強い刺激を与える劇薬としての効力は全く衰えていない。我々も無意識のうちに「二重思考」を実践し「ニュースピーク」を使用しているんだろうなあ。— すばしこいかわうそ (@solaris26) 2009年8月11日「一九八四年」ジョージ・オーウェルロシア(旧ソ連)の共産党体制イコール超管理社会を、...

 
 

柚月裕子『凶犬の眼』“孤狼の血”続編。時代は平成に移り変わるが極道の世界には新たな火種が生まれ続ける、血でバランスを取るしか道は無いのか…?前作のギラついた切れ味ある物語から仁義を貫く男気の物語へ、これはこれで熱かった。 #読了 #孤狼の血 pic.twitter.com/A7NyRtUA1F— Ru-fu. (@ru_fu_ru_fu) 2018年5月13日柚月裕子さん『凶犬の眼』前...

 
 

アミ 小さな宇宙人を読んだ。すがすがしいほどLove&Peaceな話、吐き気がするほど素晴らし過ぎる話。素晴らし過ぎて逆にちょっと憂鬱になった。笑 pic.twitter.com/Z7GGKKVAd5— Ric HAPPY (@r_happy0104) 2015年5月10日最近、友人に勧めてられて読んだ「アミ小さな宇宙人」。なかなかいい本でした。深く読んでも、浅く読んでも―読ん...

 
 

スマホを落としただけなのにやっと読了面白かった— COBOLer (@777_cobol) 2018年6月3日『スマホを落としただけなのに』志駕晃📗 #読了スマホをタクシーで落としてしまい、拾った人がハッカーだったので中身を全部見られて、なりすましや死体が次々と発見されたり怖かったです。 pic.twitter.com/3lUxCcSD4u— スコ5 (@s...

 
 

重松清『きみの友だち』(新潮文庫)読了。連作長編。重松さんの描く小中学生って本当に生々しくて、読んでいてすごくハラハラヒリヒリモヤモヤするんですよ……。それが苦しくて居心地悪くて早く読んじゃいたくなる。辛い。でも面白い。つらおもしろい。— F本 (@f_moto_furuki) 2017年10月20日重松清好きでありながら、この名作を読んでいなかった。そして先日読了。重松作品で一番涙を...

 
 

遠藤周作著「沈黙」読了。今の心境を何と表現して良いやら…。信仰心って何だろね。全ては自分の気の持ちようか?理解出来るとこと、出来ないとこがあり、今は半々かもしれん。— かー@メタル妄想部長 (@tuwamonoNo1) 2017年1月26日遠藤周作著、沈黙を読了。江戸時代初期、キリシタン弾圧の中、信仰を守る人々の苦しみとの引き換えに、司祭は神に懸命に問いかける。「何故に彼等を救わないの...

 
 

#楽園のカンヴァス #読了 。こんなにおもしろい美術ミステリーがあったのか、とびっくり。全然興味がなかった分野でも彼女の手にかかると、一気に名作になる。まずは、大原美術館行ってみようと思う。「ルソー。…友よ。この瞬間こそが永遠なのだと、いま、僕はあなたに教えられました」 pic.twitter.com/r63s9Zugqx— Sumire Yano(スー) (@suexxsf) 201...

 
 

朝日新聞の読書欄に載っていた「未必のマクベス」(早川耕さん)の書評が素敵だった。「経済小説であり、犯罪小説であり、恋愛小説でもあるのだが、そういうジャンルに押し込もうとすると、魅力がどんどんこぼれていく気がする」。北上次郎さんの言葉。— 読書熊 (@dokushok_hatena) 2018年6月11日最近終えた字の本は「未必のマクベス」。よかったなー。するするっと入っていけて、あっち...

 
 

恩田陸「蜜蜂と遠雷」を読了。文庫派なのに我慢できずにハードカバーにて。直木賞と本屋大賞のダブル受賞にも大いに納得。上下2段組みだし、こんなにも分厚いのに、「あー、読み終わりたくないー」と思いながら読み進めた本は久々でした。 メチャメチャ面白かったー!これだから読書はたまらないなぁ。— ムラタマリエ (@murata_marie) 2018年6月12日今頃かよ遅ぇよと自分で思うが、恩田陸...

 
 

「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎 読了!やっぱり伊坂さんの作品の伏線回収にはもはや感動する!それぞれ全く違う人の人生のようだけど、実はどこかで繋がってるんだな。今まで関わった人が将来にも影響すると思うとワクワクするね。 pic.twitter.com/ExkkvR89Iw— もこ@読書垢 (@book_mock) 2015年12月18日アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎...