参考書・問題集の買取なら学参ブックス

受験に向けて、様々な参考書・問題集を購入し、受験が終わった頃には20冊近くになっていた。なんて経験がある方は多いと思います。

 

受験終了後にはそれらの処分に悩まされることになります。
兄弟姉妹・親戚に譲る、後輩に譲る、学校・塾に寄付をする、古本屋で売る、捨てる。
およそ以上の中から選択されると思います。この度は古本屋で売る、買い取ってもらうというところに焦点をあてていきます。

 

参考書・問題集の買取専門店だからこそ

通常参考書・問題集の買取り価格は低くなりがちです。
なぜなら通常の書店では買い取っても売れないからです。
通常の書店には中古の問題集を求めてやって来るお客さんは少ないので自然と買取り価格も低くなってしまいます。

 

しかし、今回紹介する「学参ブックス」は受験参考書・問題集、予備校テキストの専門店なので、高価買取りが期待できます。

 

今回はじめて知った方もいるとは思いますが、10年間の買取り実績もあるネット買取りの中では老舗です。

 

豊富なキャンペーン

学参ブックスでは、買取り価格upのキャンペーンが豊富です。
まず、出版から一年以内の書籍なら買取り定価の15%以上upが保証されており、半年以内で20%、三ヶ月以内なら30%と漫画買取りでも珍しいほどの高価買取りが期待できます。

 

また、1月末までなら予備校テキスト300円up、4月末までなら赤本・青本300円upなど期間限定のキャンペーンも豊富です。
現在は春の買取り20%upキャンペーンもおこなっています。

 

発送の心配も無用

ネット買取りとなると発送が心配ですが、発送用の段ボールが無料で送られてきます。それに参考書を詰めて発送するだけです。

 

買取り価格をあげるために

買取り価格をあげる鉄則ですが、とにかく大切に使うことです。
折り目をつけすぎない、問題はノートに解くなどを徹底しておけば少しでも買取り価格を上げることが可能になります。

 

ただし、この学参ブックスのすごいところは、書き込み・線引きがあっても買い取ってもらえます。
さらに最大の特長は「予備校テキストは書き込み・板書・予備校の授業ノートがあると買取り価格が上がる」ということです。真面目に授業を受けたぶん買取り価格が上がるということですね。

 

送料も、振り込み手数料も学参ブックスが負担します。
ただし、見積りはできないようです。

 

まとめ

総合して参考書・問題集を捨てるより少しの労力でお金を手に入れることの出来る素晴らしい専門店です。
皆様が一生懸命勉強した思い出を捨てるのではなく、リサイクルしたと思って売ってみてはいかがですか。

 


 

学参ブックスの口コミ一覧