学参プラザの特徴・評判・口コミまとめ

受験後に残る大量の参考書や問題集、どのように片付けていますか。
人に譲る、捨てるという方がほとんどのようですが「買い取ってもらう」こともひとつの方法です。

 

面倒くさい・ちょっとした値段にしかならないと買取りを選択肢に入れていない皆さん、非常に損をしているかもしれません。

 

買取りならネットがおすすめ

面倒くさいという方、他人に譲る際には段ボールに詰めますね。
また、捨てる際は紐で縛らなければなりません。これとほぼ同じ労力でネット買取りは可能です。

 

届いた段ボールに参考書や問題集を詰め、自分の住所を書き込み、コンビニや運送業者に持ち込むだけです。
これでお金がもらえるのですからやってみる価値はありますよ。

 

また、なぜネットがおすすめかというと、圧倒的に買取り価格が高いです。
店舗型のお店で参考書の専門店はほとんどありませんがネットには専門店があります。
専門店の方が取り扱い数も多く、買取り価格が高くなることは明らかなのです。

 

専門書や問題集の買取におすすめの学参プラザ

どうせ売るなら高く売りたい。誰しもそう考えます。
高く売るならそのお店の特徴・キャンペーンをチェックしなければなりません。

 

学参プラザには、2016・2017年版の赤本・青本400円以上保証があります。
店舗型のお店に持ち込んだことがある方はこの高さに驚くことでしょう。

 

また、20冊以上になると10冊毎にボーナスがつきます。
さらに現在は買取り価格20%upキャンペーンも行っているようです。

 

さらに学参プラザはテキストに書き込みをしていても買い取ってもらえます。
店舗型のお店では諦めてしまうような状態でもほとんど買い取ってもらえると思って間違いないでしょう。
また、高く売るには本の状態よりもその本の人気が重要だそうです。

 

予備校に通っていた方へ

予備校のテキスト・参考書も買い取ってもらえるのですが、予備校のテキストは書き込みがあればあるほど買取り査定はupします。
最大6000円の+買取りになるようなので予備校で真面目に授業を受けた人必見です。

 

まとめ

学参プラザはネット買取りとしても珍しい24時間365日受付が可能です。
そのため、買取りまでの時間が非常に短いことがメリットです。

 

予備校テキスト、大学の教科書、中学・高校受験の塾のテキストなどこんなものまで、というものを買い取ってくれます。
捨てようかなと考えていたかたはちょっと買取りを選択肢に入れてもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

学参プラザの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイト